ルームランナー > ジョギングを楽しむ


ルームランナーのヘッダーPC用 ルームランナーのヘッダーSP用

ルームランナーでジョギングを楽しむ

ルームランナーは室内でジョギングなどを楽しめるフィットネス器具です。

別名でトレッドミルとも呼ばれていまして、運動などを行ったときの負荷を測定する機器を呼ぶ名称でした。

心拍数を計るために、走行面のベルトがあったり、傾斜機能がついていると言えば、その様な見方もあるかもしれませんね。

ルームランナーはクッションが大事

ルームランナーのベルトの中でもクッションは大事な部分です。振動を吸収すると言う事は、地面を叩く振動が吸収されますので、騒音が気になる場合には、クッションの性能をしっかりと見て選んだ方が良いですね。

クッションの性能が低いと安定性も下がってきて、色々なデメリットや危険性が出て来てしまいます。

振動を吸収できないルームランナーで走っていると、ひざや腰へも振動が伝わってしまい、いためてしまう危険性もあり、走っているとすぐに疲れてしまうというお声もあります。

疲れてしまうと、こけやすくなってしまうなど、デメリットがありますのでクッションの性能を気にしていきましょう。

あまりにも安価なルームランナーはクッションが付いているのが怪しい場合もあるかもしれませんので、購入時には注意が必要ですね。

騒音を気にする方へ

音が静かなルームランナーの場合に、主な場所としてクッションの性能とモーターが気になるところとなってきます。

振動を抑えておかなければ、地面を伝わり騒音となってしまって下の階や周りから苦情を言われてしまうかもしれませんね。

トレッドミルで本格的なランニングをしたい場合は、騒音が大きくなってしまわないように、トレッドミルの下にマットを敷いて衝撃を吸収している方も多いみたいです。

ルームランナーの種類

ルームランナーには自分でベルトを動かす種類と、電動でベルトが動くタイプの2種類があります。電動で動くタイプのものはモーターの駆動音も気になるところですね。

自分で動かすタイプのルームランナーはモーターがついておりませんが、安定して走る事が出来ませんので、ランニングには余り向いていないというお声があります。

本体の重さが軽すぎるトレッドミルは、走っている行動に耐え切れずに倒れてしまうようなケースもあるらしく、ジョンソンのトレッドミルでは安心してお使いいただく事が出来るように、業務用でのしっかりとした技術もあり、家庭用も製造されているため、家庭用だけを製造しているメーカーとは安心感が違ってきます。

トレーニングは怪我の危険が伴う場合もありますので、あまり妥協をしたものを利用する事は避けたいところではないでしょうか。


ランニングマシンのトップページはこちらからご覧いただけます。

他店にない限定商品有り!ジョンソンヘルステック 正規販売店
お問合わせダイヤル
0120-917-808
(平日12~19時)

ルームランナー
メニュー

お店について
ルームランナー専門店 TOP
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー詳細

【商品一覧】
ルームランナー一覧

フィットネスバイク一覧

クロストレーナー一覧

ルームランナー専門家に聞く

 

よくある質問集


【振動音について】

【大きさについて】

【機能について】

【修理/保証について】

【配送について】

【お支払いについて】

【その他】

 

お役立ち情報
ルームランナー

トレッドミル情報

ルームウォーカー情報

マラソン

ブランド

ランニングマシン

サイトマップ